HOME>特集>コストパフォーマンスの良いコストで事務所が持てます

初期コストの節約が望める

女性

オフィス物件を自己所有するためには、まとまった初期コストが必要です。特に都市部の一等地ともなれば、多額の費用が必要となり、若手経営者には大きな先行投資となり得ます。一方で賃貸オフィスなら文字通り賃貸契約で事務所が持てるため、多額の先行投資は要りません。リーズナブルな維持費で都市部にも仕事場が持てるのも特徴で、打ち合わせや商談に適したアクセスの良い立地条件にオフィスが構えられます。

維持の負担が少ない

男女

賃貸オフィスの場合、基本的に建物自体の管理やお手入れはオーナーもしくは所有する企業が行います。ビルメンテナンスの費用や手間を負担する必要がなく、賃貸オフィスのユーザーは最低限のランニングコストで済みます。

事務所の移転が行いやすい

賃貸オフィスは契約や解約が柔軟に行いやすいです。ビジネスの都合で、事務所を移転したくなった時も賃貸オフィスならスピーディに別の街に移れます。スタッフの人数が増えてきたり、ビジネスの規模が拡大してきたりした時なども柔軟に事務所移転ができ、掛かる手間やコストも少なく抑えられます。

豊富な選択肢が用意されています

一般的な賃貸アパートや賃貸マンションのように、賃貸オフィスもまた今では豊富な物件数が用意されています。様々な間取りや立地条件の物件が提供されており、ニーズに合う拠点が探し易いです。リーズナブルな家賃でも、快適な事務所が持てるのも賃貸オフィスの特徴となります。

広告募集中